<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
20140427
前はよく「神様に殺される」って感じてたが、矛盾に気が付いた。
僕らは同時に神様の意思によって生かされている。僕らは意識して息をしてるわけじゃないし、朝起きて行動して、ご飯食べて寝ているわけじゃない。何か別な意思によってだ。それは神の意思だ。だったらその神が自分の意思によって生かしているものを殺すわけがないんじゃん。
そんな矛盾に気が付いたら、全く「神に殺される」って感じなくなった。すっきりした。


JUGEMテーマ:躁鬱・うつ病・広汎性発達障害・PTSD
| - | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
20111129
強くなるとは、怖いことに慣れることじゃないかと思う。
もう何年も破綻寸前なんだが、破綻寸前になった3年〜4年前は、よく鬱になって何日も何日もヒッキーになって寝ていたけど、最近は平気になった。今の方が状況は悪くなってるけど、どうしようか考えて、できることは行動に起こしてる。
別にこの間、何か努力して身につけたわけじゃない。ただ状況に慣れただけだ。



JUGEMテーマ:躁鬱・うつ病・広汎性発達障害・PTSD
 
| エッセイと自己紹介みたいなもの | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
20111128
希な望みと書いて希望。
よくテレビとかマスコミとかで希望、希望と言うけど、あれは違うな。

 本当に追い込まれて、どん底まで落ちた時に初めて希望の光が見える。希な望みだ。
多分、誰からの助けも無しにどん底から這い上がることができれば、それは本当の自信につながるんじゃないかと思う。
昔、オリンピックで負けた田村亮子が、乗り越えられない試練は神様は与えないって言ったが、つまり100%で乗り越えられるってことか。 こう考えるとリスク無いじゃん(笑)




| エッセイと自己紹介みたいなもの | 19:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
無題
 どんなに絶望しても、生きてるとこと自体が希望だ。

どんなに絶望しても、心臓は止まらないし体は機能し、生き続けることができる。
精神は案外すぐに弱ったり暴走したりするけど、人間の体って強いなって思う。

そうして多少時間を稼げれば、また希望を感じられるかもしれない。
| エッセイと自己紹介みたいなもの | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
20110925
1年半ぶりくらいの更新。とりあえず生きてる。
2ヵ月くらい前までは、体の病気としての鬱っぽかったけど、なんか夏の間に治った感じだ。
今は、環境がハード過ぎて心に常にストレスを感じることからくる鬱っぽい。
体の病気としての鬱が治ったが、やっぱり半端無いストレスを感じてると動きが相当鈍る。
追いつめられた時、人間は自己防衛本能が働くが、それに負けないで、恐怖に負けないで論理的な言動ができるかが、人としてできるか。それを今問われてる。恐怖と自己防衛本能に負けないで今のところは出来てる。ちょっと自分、すごいって思った。

4か月前からリチウムを飲み始めた。神経や気持ちの高ぶりを抑える効果(?)があるらしい。


JUGEMテーマ:躁鬱・うつ病・広汎性発達障害・PTSD
 
| 日記 | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark